プリリジー60mg

早漏について一度調べてみたことがある人は知っているであろうプリリジー。賢い人は既に早漏がちんこが敏感なせいじゃないとわかっています。プリリジーで脳の興奮を押さえれば30分以上のセックスだって可能です。

プリリジーとパキシルの違いと販売経路

プリリジーとパキシルはどちらもSSRIの薬ですが、プリリジーは基本的には早漏の治療薬として処方されていて、射精を遅くすることができるので、効果的に早漏を改善することができます。インターネットでジェネリック医薬品として販売されていることが多いのですが、医療機関でも同じ成分の薬を手に入れることができるので、アフターケアなどが必要な場合には医療機関でプリリジーを手に入れると安全性を高めることができます。パキシルも同様にSSRIの薬ですが、精神的な疾患の治療薬として処方されるもので、パニック障害やうつ病などに優れた効果のある薬とされています。パキシルに関しても副作用として射精障害がありますが、早漏治療薬として開発されていないので、精神科や心療内科を受診してパニック障害などの病気であると認められないと保険が適用されません。パキシルは処方箋が必要なので薬局で販売されていますが、インターネットではジェネリック医薬品が安い価格で販売されているので、自己責任で個人輸入をすることもできますが、パキシルは自分の判断で投薬をやめてしまうと断薬症状が出るので頭が痺れることがあります。またうつ病などでパキシルを服用していると長い期間服用を続けるので断薬や減薬にも時間がかかります。プリリジーはセックスの前に服用することが多いのですが、吐き気や頭痛などの副作用が出ることがあるので、副作用が出たら医療機関を受診して薬を変更してもらうなどの対処が必要です。またプリリジーは勃起治療薬と同時に服用されることも多いので、多くの場合はセックスを充実するために使用されています。SSRIの薬は従来の抗うつ薬よりも副作用が少ないのですが、脳に作用する薬なので注意が必要です。