プリリジー60mg

早漏について一度調べてみたことがある人は知っているであろうプリリジー。賢い人は既に早漏がちんこが敏感なせいじゃないとわかっています。プリリジーで脳の興奮を押さえれば30分以上のセックスだって可能です。

プリリジーで亀頭の異常感覚を治療、裏筋刺激

亀頭が異常に感じやすい場合には局所麻酔薬を含んでいるクリームを塗る方法がありますが、この場合は亀頭に対する刺激を抑えることができますが、ペニスの裏筋などの刺激に対して対処することができないので、射精してしまうことがあります。早漏は異常に感じやすくなっているので、亀頭以外の場所を刺激されても射精してしまうことがあります。ペニスの裏筋なども性感帯なので異常な興奮によって意図せず射精をしてしまう可能性があります。また裏筋などの刺激はパートナーにされることで脳が異常に興奮してしまうので、正常な人でも射精してしまうことがあります。プリリジーは早漏を治療することができる内服薬でセックスの1時間前に服用すると射精を遅くすることができるので、満足度の高いセックスができますが、興奮を抑える作用が強いので亀頭などを刺激されても感じにくくなる可能性もあります。また脳が興奮を抑制するので射精をするのが難しくなる人もいます。プリリジーはSSRIの薬なのでセロトニンが増えて、不安や緊張、興奮などを効果的に抑えますが、セックスにはある程度の興奮が必要なので、プリリジーが効き過ぎると射精ができなくなることもあります。早漏は思春期の男性に多い症状ですが、原因としては女性に対する恐怖心や過度な緊張感などがありますが、この他にもセックスの最中のトラブルなどによるトラウマなどもあります。根本的に治療をするためにはSSRIや抗不安薬を継続的に服用して認知行動療法を行うことが重要なのですが、セックスの時だけプリリジーなどを用いていると自然に早漏の症状が消失することもあるので、精神的な問題で早漏になっている男性はパートナーと協力をしてリラックスしてセックスを行う必要があります。