プリリジー60mg

早漏について一度調べてみたことがある人は知っているであろうプリリジー。賢い人は既に早漏がちんこが敏感なせいじゃないとわかっています。プリリジーで脳の興奮を押さえれば30分以上のセックスだって可能です。

プリリジーやラナケインで早漏を我慢する方法

射精を我慢する方法としてラナケインなどの塗り薬を使用することがありますが、もともとは痒みを止める成分なので亀頭の感覚を鈍くするほどの効果は認められていませんが、ラナケインには皮膚の表面部分を麻痺させる成分が配合されているので、粘膜に使用すると麻痺をした感覚になりますが、セックスの時にそのまま女性の膣に挿入するとラナケインの成分が粘膜に接触してしまいます。プリリジーなどのSSRIの薬を用いることが射精を我慢する方法として一番正しいとされていて、この他には亀頭部分を麻痺させるクリームなどを使用して射精を我慢する方法があります。プリリジーは脳内のセロトニン受容体に作用することで、不安や緊張をなくして、射精を遅くするのですが、早漏の人がプリリジーを服用したとしても確実に射精時間が長くなるとは限りません。もともとはSSRIの副作用の射精障害を利用している薬なので、全ての人が効果を実感できるとは限らないので、プリリジーが効かない場合には男性ホルモンと局所麻酔が配合されているクリームを塗ることで、皮膚の感覚を鈍らせて早漏を改善することができます。このクリームは少量で効果があるのでセックスにはあまり影響がありません。プリリジーは人によっては性欲や興奮する気持ちが低下することがあるので、安易に使用せずに医師の指導に基づいて服用しなければなりません。SSRIを利用している薬は一時的な服用では不安や緊張を抑えるのは難しいのですが、射精を長くすることはできるので、世界中の多くの男性に利用されています。また勃起改善薬と併用されることも多く、どちらの薬も1錠あたり2000円程度なので、ジェネリック医薬品の安価な薬も人気となっています。